動画制作|企画から表現方法まで徹底解説【企業担当者向け】

動画制作|企画から表現方法まで徹底解説【企業担当者向け】

動画制作は、企業や個人が自社の製品やサービスを効果的に広めるための強力なツール。

動画で結果を出すなら、企画段階から様々な要素を注意深く検討する必要があります。

編集長

小さな会社で動画を作るのは大変だよ

ディレクター

外注するにも予算がないってことも多いですよね

というわけで、今回の記事は、

●自社で動画制作を目指している
●担当になってしまったが、何をどうしたら良いのか?わからない
●インパクトのある動画を制作したい

という担当者のための記事です。

動画の自社制作を目指す担当者に向けて、動画制作の企画面から、わかりやすくご紹介します。

\専門家に相談してみる/

目次

動画制作企画は目的の明確化から

動画制作の企画は、動画制作の目的を明確にすることから始まります。

具体的な目的を設定することで、制作の方向性が明確になり、効果的なメッセージが制作できるようになります。

①具体的に設定する

どんな動画を作りたいか?はもちろん大切。

でも、どんな人に見てもらって、見た人にどんな思いを持ってもらいたいか?が一番重要です。

それがないと「派手だけど何も残らない動画」になる可能性が高いから

具体的な目的は、制作の方向性を明確にし、動画の内容と表現方法を決定します。

②課題を解決する

企業の動画制作は、どんな人のどんな課題を解決するか?です。

なので、具体的な課題を分析したら、それを見た人に「こうすれば解決できるんだ」という流れを作る必要があります。

その流れは、冒頭部分だけでいえば

①問題定義

②問題の明確化

③問題解消の方法

という構成で作ると、より効果的なメッセージを伝えることができます。

③効果を見込む目標設定

会社で動画を作るなら、目標設定も大切です。

どのくらい効果を見込めるか?目標設定も重要

どのような効果を期待して動画を制作するのかを明確しておかないと、制作担当者の評価はもちろん、改善点の把握ができないから、です。

例えば、新商品の紹介や既存商品の魅力をアピールするための動画制作の目的を設定する場合、以下のように具体的にしないといけません。

ダメな設定例(言葉は良いけど抽象的)

●新商品の特徴や使い方をわかりやすく伝えることで、視聴者の購買意欲を高める。
●既存商品の優れた機能や効果を訴求し、購買率を向上させる。

良い設定例(数値を交えて具体的)

●視聴回数○○回
●視聴時間平均○○時間以上
をクリアしたので、新商品の特徴や使い方がわかりやすく伝わったと判断。

目的を明確にすることで、動画制作の方向性が明確になり、効果的なメッセージが制作できるようになります。

動画のターゲット層を特定する

動画制作の企画は、ターゲット層の特定も重要。

ターゲット層を明確にすると、よりピンポイントな訴求を可能した動画構成を考えることができるから、です。

以下に、動画のターゲット層を特定するためのポイントです。

(1)年齢層の特定

まずは、動画のターゲット層の年齢層を特定します。

この辺りは、商品やサービスのコンセプトによってなので、難しくありません。

例えば、子供向けのおもちゃを紹介する動画なら、主に幼児や小学生をターゲットにするということです。

(2)性別の考慮

次に、動画のターゲット層の性別です。

こちらも、商品コンセプトでハッキリとしているので、問題はありません。

例えば、コスメティックブランドの広告動画なら、女性ターゲットが一般的ですよね。

(3)趣味・関心の把握

この辺りから、少し深掘りが必要です。

ターゲット層の趣味や関心事を考慮します。

いわゆるペルソナを構築していく形

ターゲットがどんな趣味を持っているのか、何に興味があるのかを把握することで、動画の内容や表現方法を選ぶことができます。

例えば、スポーツ用品の広告動画では、スポーツに興味を持つ人々をターゲットにすることが効果的です。

(4)プロファイルの明確化

さらに、ターゲット層のプロファイルを特定することも有効です。

最低でも下記の内容は設定しておくと良いです。

いわゆるペルソナの設定

ペルソナ項目

●名前(たぶん設定済み)
●性別(たぶん設定済み)
●年齢(たぶん設定済み)
●出身地
●家族構成
●仕事
●収入(月収と年収/ボーナス)
●趣味
●お金の使い道
●悩み
●問題が発生した時の対処法

年収や職業、居住地などを考慮することで、より具体的なターゲット像を描くことができます。

例えば、高級腕時計の紹介動画なら、高収入のビジネスマンをターゲットですよね。

(5)マーケット調査の活用

最後に、マーケット調査を活用してターゲット層を特定しましょう。

一番良いのは、ペルソナ設定に近いターゲットとなる人に、直接ヒアリングすること、です。

もし、それが難しいようなら、既存の顧客データやアンケート調査、インターネット上の口コミサイトやSNSの分析などを通じて、ターゲット層の傾向や好みを把握することができます。

Yahoo知恵袋とかも結構使えます

動画のメッセージを明確にする

動画制作の成功において、メッセージの選定はとても重要です。

テーマという言葉に置き換えることもできます。

動画の目的やターゲット層が決まったら、次は動画で伝えたいメッセージを明確にする必要があります。

❶メッセージの絞り込み

動画では、1つのメッセージに絞ることが重要です。

複数のメッセージを伝えようとすると、視聴者にかえって伝わりづらいから、です。

視聴者が明確なメッセージを受け取ることで、次のアクションに繋げやすくなります。

❷ターゲットの好みを理解する

メッセージを決める際には、ターゲットの好みを理解することも重要です。

アンケート調査やSNSでの市場調査と、前述したヒアリングが役立ちます

ターゲットの好みを理解することで、より効果的なメッセージを作り上げることができます。

視聴者が自分自身と重ね合わせてメッセージを受け取ることで、より深い共感が生まれます。

❸魅力的なオファーの設定

メッセージを1つに絞ったら、それを魅力的なオファーとして設定することが重要です。

編集長

つまり、動画を見て、どんな気持ちになって、どんな行動をして欲しいか?だね

ディレクター

はい。オファーは視聴者にとって魅力的であり、かつシンプルなものが理想です

動画を見た人が、課題解決に向けて、すぐに行動してくれるように設定しましょう。

動画の表現方法を選ぶ

動画の表現方法を選ぶ際には、実写とアニメーションの2つの選択肢があります。

それぞれの選択肢にはメリットや特徴がありますので、自社の商品やサービスに合った表現方法を選ぶことが重要です。

<1>実写のメリット

実写は高いクオリティとリアリティを持つことができますが、撮影費用がかかる場合があります。

以下に実写のメリットをまとめます。

採用・インタビューなどのリアリティにより、信頼感や共感を得られる
商品やサービスを「自分のこと」として受け入れてもらえる
バズりやすい動画を作成できる

<2>アニメーションのメリット

一方、アニメーションは実写では表現できない幅広い表現が可能です。

以下にアニメーションのメリットをまとめます。

複雑なサービスを分かりやすく説明できる
実写ではできない表現が可能であり、表現の幅を広げられる
修正や追加が容易にできる

<3>表現方法に迷ったら

編集長

どっちか迷うときがあるよね?

ディレクター

その場合は以下を参考にします

リアリティや共感を得る必要がある場合=実写

難しい話や数字、重たいテーマ=アニメーション

もちろん、どちらか一方に固執せず、実写+アニメーションでもOK

たとえば、実写で商品の特徴や魅力を伝え、アニメーションで複雑な仕組みやプロセスを解説するという方法もあります。

最終的には、自社の商品やサービスに最も適した表現方法を選ぶことが重要です。

動画制作会社や専門家のアドバイスを参考にし、最適な表現方法を決めましょう。

\専門家に相談してみる/

動画制作の予算と期間を設定する

動画の制作には、予算と時間の設定が重要です。

予算と時間を適切に設定することで、効率的な制作プロセスを進めることができます。

【1】予算の設定

予算は、広告費と制作費を別々に計上することで、全体の予算がわかりやすくなります。

予算について

制作会社への予算:もし外注制作をする場合は、制作会社への予算を明確に書いておくことが重要です。制作会社との打ち合わせや依頼においても、予算設定は必要な情報となります。

項目必要機材
撮影備品カメラ
照明
マイク
三脚
必要機材
外注費動画制作会社へ依頼する場合

【2】時間の設定

動画の制作には、撮影や編集にかかる時間を考慮してスケジュールを作成します。

具体的な工程としては以下の通りです。

●企画とシナリオの作成
動画尺による。1〜5日

●撮影
シーンによる。1〜3日

●編集作業
動画を編集。3〜5日

●その他
ナレーション収録する場合は、日程の調整も必要

スケジュールで動画の必要な時期を把握し、予算と合わせて設定しましょう。

動画制作を始める人へ!まとめ

それでは、今回の内容をQ&A方式でまとめてみました。

動画制作の目的を明確にする上で重要なことは何ですか?

動画制作の目的を明確にするには、具体的な目的を設定することが重要。

抽象的な目的ではなく、誰のどのような課題を解決するのかを具体的に明示することで、効果的なメッセージ制作につなげることができます。

ターゲット層を特定する際のポイントは何ですか?

ターゲット層を特定する際のポイントは、年齢層、性別、趣味・関心事、プロファイルの把握です。これらの情報を明確にすることで、ターゲットに最適な動画制作が可能になります。

動画のメッセージを明確にする方法は何ですか?

動画のメッセージを明確にするには、1つのメッセージに絞り込むことが重要です。ターゲットの好みを理解しつつ、自社の商品やサービスの特徴を生かしたメッセージコンセプトを設定することが効果的です。

動画の表現方法を選ぶ際のポイントは何ですか?

動画の表現方法を選ぶ際のポイントは、実写とアニメーションのそれぞれのメリットを理解し、自社の商品やサービスに合った表現方法を選ぶことです。必要に応じて両者を組み合わせることも可能です。

\専門家に相談してみる/

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画映像制作|企業動画|Youtube動画制作運用代行|ドキュメンタリー動画の情報を公開中!

動画制作|企画から表現方法まで徹底解説【企業担当者向け】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次