YouTube動画制作会社【失敗しない】選び方・オススメ5社と費用相場も

YouTube動画制作会社【失敗しない】選び方・オススメ5社と費用相場も

YouTube動画制作をどの会社に依頼すべきか?

YouTubeは、企業のマーケティング戦略において欠かせないプラットフォーム。

でも、どこでも良いというわけでもない

そこで、今回は、YouTube動画制作を依頼する際に

●どんな動画制作会社に依頼すれば良いのか?
●依頼が失敗しないために見極めるポイントはどこか?
●オススメの会社はあるのか?
●費用相場はどのくらいか?

について、知りたいあなたのための記事です。

どのようにして失敗せず、自社に合うYouTube動画制作会社を選ぶかについて、ご紹介します。

どうぞ最後までご高覧ください。

\あなただけの動画を提案/

目次

YouTube動画制作会社を選ぶ5つのポイント

YouTube動画制作会社の選定は、成功するチャンネル運営の鍵。

大手の業者に頼めば、それで良い、と言うわけではありません。

ここでは、失敗しない『YouTube制作会社』の見分け方を5つのポイントでご紹介します。

YouTube動画制作会社を選ぶ5つのポイント

(1)動画制作会社の実績
(2)動画制作会社の費用・料金
(3)VSEO対策を理解しているか
(4)依頼したい範囲をカバーしているか?
(5)担当者との相性は?

一つずつ見ていきましょう。

(1)動画制作会社の実績

YouTube動画制作会社の選定として、まずは実績は外せません。

実績=多様なジャンルやスタイルへの対応経験で、成功への確かな道筋を提供できる

動画制作会社がもっている、過去のプロジェクトを通じて培われたノウハウは、クライアントのニーズに応える基盤になります。

(2)動画制作会社の費用・料金

コストパフォーマンスは外せないポイントです。

アートボード-2-のコピー-300x277.png編集長

できるだけ安く良いものを作りたいからね

ディレクター-300x298.pngディレクター

はい。なので、予算内で最大限の効果を発揮する制作会社を選びましょう

なので、予算設定時には、見積もりを複数社から取ることをお勧めします。

5〜10分の動画を毎月4本アップする想定
料金
企画から運用をすべて丸投げ35万/月
撮影だけ10万円/日
編集だけ2万円/本
内容によって変化します

くわしい予算感は、この後、別の項目でお伝えします。

(3)VSEO対策を理解しているか

YouTube動画制作を外注で、重視したいVSEO(Video Search Engine Optimization)の知識。

VSEO=動画をYouTubeやGoogleなどの検索エンジンで上位表示するための検索エンジン最適化手法

つまり、SEOの動画版

YouTubeは、Google社が運営しているサイト。なので、アルゴリズムも共通したものがあります。

ゆえに、SEOができる会社は、YouTube動画制作でもアドバンテージを持っていると考えて間違いないです。

(4)依頼したい範囲をカバーしているか?

YouTube動画制作会社を選ぶ際には、企画から運用まで一貫してサポートしてくれるか?も重要なポイントです。

トレンドに応じたショート動画制作への対応とかもできると、よりグッド

こちらのやりたいことを、高いレベルで答えてくれるパートナーは貴重です。

(5)担当者との相性は?

YouTube動画制作会社を選ぶ際、「担当者との相性」も、大きなポイントになります。

どちらも人間なので、揉めないことは、とっても大事!

質の高いコミュニケーションは、あなたのリクエストに対しても、具体的な提案をしてくれるから、です。

事前に実際に会って話す、もしくはオンラインでのミーティングを通じて、担当者との相性も重視しましょう。

YouTube動画制作会社おすすめ5社を比較

YouTube動画制作のパートナー選びは、成功への重要なステップ。

ここでは、おすすめのYouTube動画制作会社を5社ピックアップしました。

YouTube動画制作会社おすすめ5社

①ワイラボ
②ジーアングル
③Crevo
④Lumii
⑤GJC

それでは、一社ずつご紹介しましょう。

ワイラボ

YouTube・SNS用 動画制作/運用

動画制作会社でありながら「動画だけでは売上はあがりません」と宣言している点がとてもユニーク。

千葉県市川市に拠点を置く動画制作会社です。

動画は、ホームページや写真、テキストと同じように、売上を上げるための一つのパーツなので、最終的に全てを組み合わせて『WEBから問合せ』を目標にした動画制作を掲げています。

費用相場は、プロジェクト内容や動画の長さによってですが、高品質でコストパフォーマンスに優れたサービスを提供している点が、顧客から高く評価されています。

WEBからの問合せが来るオウンドメディアが欲しい企業にオススメ

ジーアングル

ジーアングル

ゲーム・アニメ・MV制作など、エンターテイメントに強みをもっているのが、ジーアングルです。

さまざまな業界に対応し、豊富な実績を持つ点が特色です。

サービス内容には企画立案から撮影、編集、動画SEO対策まで一貫して提供され、クリエイティブな映像でブランドの魅力を最大限に引き出します。

当然、YouTube動画制作に特化したプロフェッショナルなサービスを展開しています。

また、独自の音声収録スタジオを自社保有している会社です。

エンターテイメント系の動画作成を検討中の方にオススメ

Crevo

Crevo

Crevoは、企業のプロモーションや商品紹介、教育コンテンツなど様々なジャンルに対応したYouTube動画制作を提供しています。

同社は、ハイクオリティなアニメーション制作や実写動画に強みを持ち、国内外の多様なクリエイターネットワークを活用して顧客のニーズに応じたオーダーメイドの動画制作しています。

他社との差別化ポイントは、豊富な実績。

ビジネス用途での動画制作の依頼先として有力

Lumii

Lumii

Lumiiは、クリエイティブな視点とマーケティング知識をもった動画制作会社です。

特にブランドの世界観を反映したストーリーテリングに強く、クオリティの高い映像で視聴者の感情に訴えかけます。

緻密なターゲット分析に基づく戦略的なコンテンツ企画力が特徴です。

YouTube動画制作において、戦略性を求めたい場合にオススメ

GJC

GJC

正式な会社名は、株式会社 Global Japan Corporation。

略してGJC。

本社は札幌ですが、東京と沖縄にそれぞれオフィスがあります。

料金体系も透明で、品質の高い動画制作サービスをリーズナブルな費用で受けられる点も魅力の一つです。

キャッチコピーは『圧倒的なコストパフォーマンスで最高にちょうど良い動画を制作します』。

大き企業から零細企業まで、幅広い会社の動画作成実績があります。

動画作成予算の幅が大きいので、予算が心配な方におすすめ

YouTube動画を制作会社に外注依頼する費用相場

YouTubeの動画制作を外注する際の費用相場は、動画の完成尺や動画表現で、大きく変動します。

東京方面でも、大阪などの関西地区でも、料金に大きな変動はなく、ほぼ全国一律です。

ここでは、3つの例に絞って、費用相場について、ご紹介します。

❶YouTube広告の場合

YouTube広告の場合、特有のフォーマットと視聴者の関心を引くコンテンツが重要です。

そのため、外注する際はYouTube広告に精通した制作会社の選定が肝心であり、費用相場は企画の複雑さや動画の長さ、制作品質により大きく異なります。

概ね、簡単なプロモーションビデオであれば10万円から数十万円、高度なアニメーションや特殊効果を含む動画には数百万円の予算が必要となる場合があります。

写真素材を組み合わせた
だけの動画5万円〜

撮影が必要な動画なら
20万円〜

モーショングラフィック
を使うと+10万円

❷インタビュー形式の場合

インタビュー形式の動画は、視聴者に、より深い共感や理解を促すことができ、特に人物の魅力や専門知識を前面に出したい場合に有効です。

インタビュー形式は通常の動画と比較して、事前のリサーチ、質問の準備、撮影の際の多角的なカメラアングル、編集でのカットなどの工夫が必要です。

なので、これらの追加作業で、費用は少し高くなる傾向です。

撮影+編集(約10分)=30万円くらい

❸商品PR形式の場合

商品PR形式の動画は、製品の特長や利点を効果的に伝え、消費者の購買意欲を刺激することが目的。

実際の製品使用シーンの演出や、顧客の証言を取り入れることが多く、ブランドのイメージ向上にも寄与します。

この種類の動画制作費用相場は、内容や品質、動画の長さによって変動しますが、30万円から300万円程度が目安です。

内容や品質・長さによってさまざま=30万円から300万円

YouTube動画を制作会社に依頼するメリット

YouTube動画は、予算があれば、外注一択。

なぜなら、動画制作はその道のプロだから。

ここでは、下記3点に絞って、メリットをご紹介します。

<1>高品質

<2>時間と労力

<3>フォローアップ

一つずつ見ていきましょう。

<1>高品質

YouTube動画を制作会社に依頼する、最大のメリットは「高品質」。ここでいう高品質とは、

高品質の動画とは?

●VSEOを意識した内容のチョイス
●画質の良さ
●画角の良さ
●飽きさせない編集の工夫
●ターゲットを惹きつける内容

など、です。

ビジネスにとって、これらの要素はブランドの信頼性を高めます。顧客とのエンゲージメント向上は、最終的に収益増加へと繋がる要素になります。

<2>時間と労力

2つ目のポイントは、時間と労力。

自社運営した場合に考えられる時間と労力

●企画を考える時間
●撮影の段取りが悪くて、何日もかかってしまい、出演者の拘束時間が長くなる
●編集時間が長い(どんなに早くても1分動画を仕上げるのに1日必要)
●せっかく作っても視聴者に飽きられる=視聴時間が短い
●長期間続けても、結果が出ずに終わり、徒労に終わる

なので、ここで考えておくべきポイントは

時間をお金で買う感覚

です。

<3>フォローアップ

YouTube動画の外注は、専門的なフォローアップが受けられる点もメリットです。

動画制作会社は、

●公開後の視聴者の反応
●動画のパフォーマンスの分析
●必要に応じた迅速な修正
●今後の改善策

を提案してくれます。

これにより、企業は常に最適なコンテンツを提供し続けることができ、ブランドイメージを維持しつつ、視聴者との関係を深めることが可能です。

YouTube動画を制作する3つのデメリット

YouTube動画を制作会社に依頼するメリットは大きいです。

が、ここでは、デメリットについても考えてみます。

YouTube動画を制作会社に依頼する3つのデメリット

《1》予算
《2》社内の出演者スケジュール管理
《3》期間

一つずつ見ていきましょう。

《1》予算

YouTube動画の制作には予算がかかります。

大きな会社なら、それほど問題にならない金額でも、中小企業にとっては、一大事。

せっかく出費をしても、期待した結果が得られないと大損してしまう可能性があります。なので

自社運営か?

or

業者に委託か?

を、YouTube動画制作プロジェクトをスタートさせる前に、じっくりと検討する必要があります。

《2》社内の出演者スケジュール管理

YouTube動画の制作プロセスにおけるデメリットに、社内の出演者スケジュール管理があります。

スケジュール調整は、案外大変

そもそもスタッフ全てのスケジュールが合わないと撮影ができないから、です。

しかし、社内の出演者は、全員社員。なので、それぞれの業務を考えると、スケジュールを合わせることは、それなりに難題です。

《3》期間

YouTube動画を始めるとなると、結果が出るまでに最低も6ヶ月以上はかかります。

その期間は、予算がかかりますし、前述した社員のスケジュール問題もあります。

制作会社との綿密なコミュニケーションが、必要不可欠

なので、制作会社とは、より細かいコミュニケーションをとって、一緒に乗り越えていく同士になる感覚が必要になってきます。

YouTube動画制作で失敗しない3つの心得

YouTube動画制作を必ず成功させるには、いくつかのポイントがあります。

ここでは、成功への心構えを3つポイントとしてご紹介します。

YouTube動画制作で失敗しない3つの心得

[1]価値の内容を提供すること
[2]6ヶ月以上のスパンを見据えること
[3]YouTubeアルゴリズムを理解したキーワード設定をすること

一つずつ見ていきましょう。

[1]価値の内容を提供すること

YouTube動画制作で、最も重要なのは、視聴者にとっての「価値提供」。

視聴者が実際に何を求めているのかを深く理解しないといけません。つまり

●視聴者の困りごとを解決する
●視聴者の疑問を解消する

ことに、全集中する心構えが必須です。

困りごとは暇つぶしなら

●面白おかしい動画でOK
●エンターテイメントに特化してみる

企業としての動画なら

●ユーザーの疑問
●ユーザーの困りごとを解消する動画を提供

[2]6ヶ月以上のスパンを見据えること

YouTube動画制作プロジェクトは、長期戦です。

結果が出るのに、6ヶ月以上はかかるから

このスパンを最初から考慮に入れておかないと、2〜3ヶ月やって「やっぱりダメそうだからやめよう」ということにもなりかねません。

かならず、長期的な視点を持って、品質の高い動画で、視聴者の期待に応え続けることを心得ることが必要です。

[3]YouTubeアルゴリズムを理解したキーワード設定をすること

YouTubeにも、Google検索と同様にアルゴリズムがあります。

キーワードを打ち込んだ際に、どれを優先してオススメするか?

トレンドや視聴者の検索行動を分析し、的確なキーワードを選定すれば、YouTubeの検索結果で、動画が上位に表示される可能性が高まります。

適切なキーワードは視聴者の関心に合致し、より多くのトラフィックとエンゲージメントを生み出すため、戦略的に設定することが重要です。

YouTubeを動画制作会社に依頼したときの成功事例

ここでは、実際に動画制作会社に依頼し、目覚ましい成果を上げた成功事例を紹介します。

これらの事例を具体的な数値や成果を交えながら、YouTube動画制作を成功に導いた外注効果の実例を見ていきましょう。

1.問合せ件数がアップした例

143048.webp

実際に、たくさんのお客さんからの問い合わせを得ることに成功しました。面白くて関心を引く動画で、人々はそのブランドを信頼するようになったんです。この成功の秘訣は、見たい人をしっかりと見極めて、検索で上位に来やすいように工夫した動画を作ったからです。結果、その動画が人々の興味を引き、問い合わせが増えたというわけです。

2.広告収益の獲得に成功た例

119122.webp

YouTubeの動画を作るのが専門の会社に仕事を頼んだら、とても良い結果が出た話があります。具体的には、ある会社がプロの動画製作者に頼んで、マーケティングを考えた動画を作ってもらったんです。その結果、動画の再生回数が月に100万回以上になり、広告で得られるお金が前の年と比べて3倍に増えたんです。この話からわかるのは、狙ったお客さんにピッタリ合った、良いクオリティの動画を作ることが、稼げるようになるための大切なポイントだということです。

YouTube動画制作会社の選び方・まとめ

YouTube動画制作会社の選び方をご紹介しました。

まとめると

YouTube動画制作会社を選ぶ5つのポイント

(1)動画制作会社の実績
(2)動画制作会社の費用・料金
(3)VSEO対策を理解しているか
(4)依頼したい範囲をカバーしているか?
(5)担当者との相性は?

YouTube動画制作会社おすすめ5社

①ワイラボ
②ジーアングル
③Crevo
④Lumii
⑤GJC

でした。

\あなただけの動画を提案/

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画映像制作|企業動画|Youtube動画制作運用代行|ドキュメンタリー動画の情報を公開中!

YouTube動画制作会社【失敗しない】選び方・オススメ5社と費用相場も

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次